稀少な金属 レアメタルを知ろう!

稀少な金属 レアメタルを知ろう!

レアメタルって?よくニュースでやってますよね。
意外と生活に関わってるって知っていましたか?
そんな重要で稀少なレアメタルの情報を集めてみました。

MENU

レアメタルってそもそも何?
レアメタルは金属の一種です。明確な定義はされていませんが、経済産業省によると、「地球上の存在量が稀であるか、技術的・経済的な理由で抽出困難な金属のうち、安定供給の確保が政策的に重要な金属」と定義されています。
レアメタルの歴史
レアメタルの歴史はほかの金属と比較しても浅いです。よく言われているのが近代に入ってから登場したという事なので、200年ほどの歴史しかありません。
レアメタルの用途・利用目的
レアメタルは様々な利用法がある金属です。まずは、特殊鋼として使われる場合です。クロムやニッケルなど混ぜる量や方法を変えるだけで異なる特性を持つ金属を作る事ができます。
意外とたくさん身の回りで使われているレアメタルの紹介
レアメタルは稀少性が高い金属類であるため、見たこともないような機械や高価な部品として使われていると思うかもしれませんが、実は身の回りのものにたくさん使われているのです。
レアメタルってどうやって作られているの?
実際レアメタルはどのように作られているのでしょうか。もともとは元素レベルで形はないはずですが、それがどのように形になっていくのか気になりますよね。
レアメタルを取り巻く外交問題
レアメタルは私たちの生活に欠かせない稀少な金属ですので、当然すべての国がほしいと思っています。しかし、実際レアメタルが埋蔵されている地域は偏っており、それを巡って外交問題が起こっています。
今後レアメタルはコモンメタルになる?
レアメタルはその名の通り稀少な金属ですが、レアメタルがコモンメタル、つまり普遍の金属になる日は来るのでしょうか。そのカギとなるのが、レアメタルを低コストで効率よく生産できるかです。
ページのトップへ戻る